爆益・爆死速報

株式投資・FX・仮想通貨に関する情報を配信中!(成功例/失敗例/5ちゃんねるまとめ)

    景気

    1: ちーたろlove&peace ★ 2020/01/04(土) 12:07:38.22 ID:9X5hzJWg9
    6時間前

     --今年は東京五輪・パラリンピックの年。世界景気の見通しと経営環境について

     「総じて、昨年に比べさらに悪材料はなく、横ばいか昨年より良くなると見ている。世界経済に占める比率が大きい米国が停滞する予兆は見当たらず、中国も軟着陸しようとしている。ここ1~2年、不安定な外部環境が続くという不確実性が織り込まれた。一方、長く続いた秩序がデジタル化により破壊されている。マイナスもあるが、逆にデジタル化で変革されるポジティブな部分も大きい。実体経済は下振れしないと強く思っている」

     --米中摩擦長期化で分断リスクをどうみるか

     「地政学リスクが経済行動に及ぼす影響を考えると間違いなく難しいステージだ。データや技術も含め、民生用と軍事用との境界がなくなると、自ずと軍事的アライアンスと経済的アライアンスを共にする傾向が出てくる可能性は否めない」

     --デジタル化対応で新組織も作った

    「デジタル化でトランスフォメーション(変革)できる案件を検討している。業務プロセスも人工知能(AI)でもっと大胆予想できるにもかかわらず、従来の勘や経験則の部分がまだまだあり、これらを解明し、当事者として効率化に取り組みたい。NTTと欧州のデジタル地図大手に出資し、商品配送の最適化や業務プロセス改善に取り組む。あらゆる産業と接点がある当社は、今のビジネスモデルと業界の矛盾点や課題を突き詰め、どう解決すれば新しいモデルになれるのかに取り組んでおり、本件はその一つだと思う」

     --エネルギー事業における環境問題への対応は

     「今後のエネルギーの軸の一つとなる、再生可能エネルギーに知見のある欧州エネコへ出資する予定だ。まず、消費者へのアプローチも含め学びたい。新興国では石炭を持つ国も多い。環境の観点から自国の石炭を使えないと不利益になるとの意見もある。それがどこまで国際的に容認されるかも見極めつつ、環境保全に重点をかけながら、色々なケースに対応できるようにしていく」https://www.sankei.com/premium/amp/200104/prm2001040002-a.html
    ※抜粋記事です。詳しくはリンク先へお願い致します。
    【【経営トップが予想 五輪後の日本経済】三菱商事 垣内威彦社長 「実体経済は下振れしない」】の続きを読む

    1: 稼げる名無しさん 2019/10/07(月) 14:37:22.65

    2019年10月7日 14時11分
    内閣府が発表したことし8月の「景気動向指数」は、2か月ぶりに低下し、機械的に導かれる景気の基調判断は「悪化」に下方修正されました。アメリカと中国との貿易摩擦などを背景に企業の生産の低迷が続いているためで、景気判断が「悪化」となるのはことし4月以来、4か月ぶりです。政府の公式な景気判断を示す「月例経済報告」ではこれまで「景気は緩やかに回復している」とされていて、景気動向指数との判断の違いが鮮明になっています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191007/k10012116041000.html


    【内閣府「あの、景気悪化してますよ・・・。」政府「景気は緩やかに回復している」】の続きを読む

    このページのトップヘ