爆益・爆死速報

株式投資・FX・仮想通貨に関する情報を配信中!(成功例/失敗例/5ちゃんねるまとめ)

    投資信託

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/11/04(月) 19:37:31.95 ID:cnP8KQ8f0.net ?2BP(1000)

    そもそも投資信託とは?

    「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、
    運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、
    その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。
    「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

    投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。投資信託の購入後に、
    投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、
    運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。

    このように、投資信託の運用によって生じた損益は、
    それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。

    つまり、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。
    この点は銀行の預金などとは違うところですので注意が必要です。

    https://www.toushin.or.jp/investmenttrust/about/what/

    【【投資】投資信託ガチホ投資法はつまらん、ドキドキしない。ワクワクもしない。もっとレバかけたい。オススメ教えろ!!!【ハイレバ】 [252835186]】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2019/11/26(火) 19:41:46.02 ID:ebBB6M/td
    株の短期売買とかFXみたいな投機は別にして長期積立ならほぼ損しないのに
    【【悲報】世の中投資信託アレルギー多すぎやろwwwwwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1 :風名し
    電話セールスしてるとヒシヒシと感じる
    高手数料のアクティブ投信ばっかり売り続けてきた銀行員の罪は重い
    【【悲報】証券マンだが割とマジで国民の「投資信託」に対するイメージが低すぎる・・・電話セールスしてると】の続きを読む

    • カテゴリ:

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/11/18(月) 21:46:38.84 ID:JIz5wgSdM.net ?2BP(1000)

    みんなありがとう!

    初心者のためのやさしい投資のお話
    https://www.daiwa.jp/ja/dd/beginner/

    【僕がコツコツ積み立てた投資信託、遂に10%達成!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2019/10/20(日) 02:39:54.26 ID:CAP_USER


    約半数の人が投資に興味を持っており、投資実践者の投資先は株式投資が59.0%で最も多く、投資信託とNISAが続いた。

    カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社と株式会社SBIネオモバイル証券は、20歳から69歳の男女1万32名を対象に「投資に関するアンケート調査」を実施し、その結果を10月4日に発表した。

    投資への興味について聞くと、50.8%の人が「ある」(ある・どちらかというとあるの合計)と回答。年代別では30代が最も投資に興味を抱いており、年齢が上がるにつれて投資に対する興味がやや薄れていく傾向があった。

    no title

    続いて、興味のある投資方法について複数選択で聞くと、「株式投資」が33.2%で最も多く、以下「NISA」23.1%、「投資信託」18.8%、「iDeCo」14.2%、「外貨預金」13.8%の順で続いた。年代別では50代から60代では「株式投資」や「投資信託」に人気がある一方で、20代から30代の若年層では「NISA」「iDeCo」「FX」「仮想通貨」などに人気があった。

    no title

    現在の投資の状況を聞くと、「現在も投資をしている」が25.5%、「過去に投資をしていたが、現在はしていない」が7.1%、「これまで投資をしたことがない」が67.4%だった。現在も投資をしている人に投資先を複数選択で聞くと、多い順に「株式投資」59.0%、「投資信託」41.9%、「NISA」41.3%、「外貨預金」18.7%、「債券(国債、社債)」13.3%となった。

    一方、マネックス証券は9月6日から9日にかけて「MONEX個人投資家サーベイ 2019年9月調査」を実施し、その中で株主優待に関するアンケートを実施した。調査対象は同社に口座を保有している個人投資家678名。

    株主優待の有無が投資判断に影響するか聞くと、「強く影響する」が14%、「影響する」が44%、「あまり影響しない」が34%、「全く影響しない」が8%となった。魅力を感じる株主優待について聞くと、「QUOカード等の金券」(398名)、「自社製品のプレゼント」(331名)、「買い物券」(195名)、「飲食店で使える割引券」(183名)、「カタログプレゼント」(168名)の順で多く、使い勝手の良い金券類に魅力を感じている投資家が多かった。

    no title

    また、株主優待がある銘柄の購入時期を聞くと、「株価をウォッチしておいて株価が下がったら買うことが多い」が42%、「購入時期は特に決めていない」が37%、「その銘柄が気になったときにすぐ買うことが多い」が12%、「権利付き最終売買日の直前に買うことが多い」が6%、「銘柄ごとに買う時期を決めている」が4%だった。

    個人投資家の多くが株式投資に興味を持っており、株主優待は投資判断に一定の影響を与えているようだ。

    https://moneyzine.jp/article/detail/216504

    【個人投資家は「株・NISA・投信」に興味あり、株では58%が「株主優待重視」】の続きを読む

    このページのトップヘ