1: 2020/03/24(火) 13:34:46.08 ID:CAP_USER

24日午前の日本株相場は大幅続伸し、日経平均株価の上げ幅は一時1200円に迫った。米国の大型経済対策に対する期待感から、海外短期筋が日経平均先物を買い戻した。ただ、相場の水面下に目をこらすと、先行きはそう楽観できない。先週から現物株市場で個別株の異常な値動きがつづいているからだ。典型はコロナショックを尻目にナゾの急騰を演じる山崎製パン株。どうやら、世界的な市場混乱で痛手を被ったヘッジファンドの間…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2020/3/24 12:04
日本経済新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57145440U0A320C2000000/

【山崎パン株が原因不明の連続暴騰。背後にヘッジファンドの影か!?】の続きを読む