爆益・爆死速報

株式投資・FX・仮想通貨に関する情報を配信中!(成功例/失敗例/5ちゃんねるまとめ)

    宝くじ

    1: 19/11/18(月)15:11:23
    https://sirabee.com/2019/11/18/20162200236/
    約13億6000万円を当て大富豪になった青年が、豪遊を開始。一生豊かに暮らせるだけのお金があったにもかかわらず、たった10年で全て使い切ってしまった。
    しかし豪快に生きた日々につき後悔はないといい、
    今は週に7日、汗水たらしせっせと働く日々に満足しているという。
    k-system03 【【驚愕】19歳で宝くじに当選し億万長者になった男性「10年で無一文になりました」】の続きを読む

    1: 2019/10/22(火) 13:49:33.85

    2019年10月22日 6時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17267653/
    正夢など“いかにも”な夢から、ちょっと不思議な夢まで……もしかすると、あなたの見た夢は“金運降臨”の予兆かもーー。

    「私の相談者のなかにも、ヘビの夢を見て宝くじを買ったら、100万円が当たったという女性がいました。夢には“お告げ”的な一面があるのは事実です」
    こう話すのは、心理研究家で夢診断にもくわしい御瀧政子さんだ。

    「心から『宝くじを当てたい!』と欲している場合、それが実現する直前に、潜在意識が予見するような夢を見ることがあります。そしてもうひとつは、先祖や守護霊が幸運を授けるメッセージとして、夢で教えるケース。いずれにしても、何か気になる夢を見たときは、少額でかまわないので、宝くじを購入してみてはいかがでしょう」

    そこで今回、実際に高額当せんした人の証言や、全国自治体宝くじ事務協議会が公開している当せん者エピソードから、夢と大当たりの関係性を徹底分析。御瀧さんの解説とともに紹介していこう。

    【実例検証「お告げ」編】
    誰かに「当たること」「当たる番号」を予言されるのは、わかりやすい夢。金運が上がっているととらえ、もし購入前であれば、実際に行動に移すことで幸運をつかむことができる。
    ■「とにかく買いましょう」と指示された夢(I・Oさん/愛知県/1億5,000万円当せん)
    以下ソースで

    【【正夢】宝くじ当せん者が体験談「夢からのお告げ」を見逃すな!】の続きを読む


    「ハロウィンジャンボ宝くじ」と「ハロウィンジャンボミニ」が10月18日まで発売中だ。抽せん会は10月30日に実施される。
     10月1日から消費税率が改定され、軽減税率およびキャッシュレス還元の対象品以外は10%に増税となった。宝くじの場合、購入時にも換金時にも税金はかからず、当せん金も法律で非課税と定められているため、所得税を心配する必要はない。
     ところが、宝くじにも税金がかかることがある。1つは贈与税で、これはジャンボ宝くじなどの共同購入の際に発生する可能性がある。1人が代表で当せん金を受け取り、それを後から分配すると贈与とみなされることがあるのだ。対応策としては購入者全員で受け取りに行く、もしくは委任状を作成するという方法で回避できる。
     もう1つは消費税。ハロウィンジャンボで1等と前後賞合わせて5億円が当たった場合、みずほ銀行で換金することになる。それを他行の口座に振り込む時の手数料は880円だが、これには消費税が含まれている。
     ただ、5億円を現金で運ぶとなると重量は50kgにもなるので、その危険性を考慮すれば高い手数料とはいえないだろう。
    ※女性セブン2019年10月24日号
    参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191014-00000003-moneypost-bus_all

    【宝くじ「当せん金は非課税」なのに税金がかかる2つのケースがこちらwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ